放置すると危険!草刈りをしないと近所トラブルになる!

草刈りや剪定はやらないと危険!放置することのリスク

草刈りや樹木の剪定を怠ると、社会問題に発展するケースもあります。どのようなトラブルが発生するのか確認しておきましょう。

隣人とのトラブル
綺麗な植物は人の心を癒やしてくれますが、隣の敷地に侵入してしまうと隣人トラブルの原因になることもありますので注意が必要です。特に大きな樹木が植えてある庭は、枝を綺麗に剪定しないと、近所の日照条件が悪くなります。隣人トラブルを防ぎ、良好な人間関係を保つためには、庭の手入れやメンテナンスをしなくてはいけません。
火事や事故
自宅の庭にイチョウやユリノキを植えている家庭は、冬場は定期的に落ち葉を回収しないといけません。もし、タバコなどが原因で火事が発生したら一気に燃え広がることになりますし、最悪の場合自宅が全焼して、大事な財産を失ってしまうかもしれません。乾燥する季節ですし、大量の落ち葉があることで勢い良く火が燃える可能性があります。そのため、冬場は定期的に落ち葉を回収する必要があります。
庭や家屋の劣化
庭の草刈りや樹木の剪定を怠ると、雑草だらけになり、やがて害虫や害獣が住み着く環境になってしまします。大量の蚊やゴキブリが発生し、ネズミやイタチが住宅にまで侵入してしまいます。そうなると、衛生的にもよくありませんし、ネズミやイタチは家屋に排泄したり、傷つけたりします。そのため、庭だけでなく家屋も劣化してしまうかもしれません。

ちょっとしたコツで草刈りの効果を維持できる!

綺麗な庭を手入れしないで長期間維持したい場合は、芝生にすると良いでしょう。芝生を敷くことによって、雑草が生えにくい環境にできるので、除草効果を高めることができます。しかし、芝生を敷いていても庭の手入れは必要です。定期的にプロの草刈り業者に依頼して代行サービスを受けましょう。

TOPボタン